色々な高血圧に効果のある薬はあると思います。その中でも高血圧を発症した際に一番最初に選択されることの多い薬が、厚生労働省が承認したアダラートという治療薬です。アダラートはバイエル社から提供されるカルシウム拮抗薬という種類の薬です。

持たれる多くの薬
更新履歴
考える男性

バイエル製のアダラートは全国でたくさんの人が使用している安全性の高い高血圧の治療薬です。
特に副作用が出にくいということで愛用している人が多いという特徴がありますが、内服をする時にはしっかりと服用方法を守る必要があり、用量も決められた量を守ることが大切です。
副作用が少ないといっても全くないわけではないので、服用を開始する前にはどのような副作用があるかをきちんと知っておき、もしも副作用があらわれた場合には適切な対応をすることが重要です。

アダラートってどんな薬?

バイエル社のアダラートはニフェジピンを主成分とする高血圧の治療薬で、カルシウム拮抗薬という種類の薬です。
カルシウム拮抗薬は血管に直接作用するため、副作用が起こりにくいという特徴があり、高血圧を発症した時に最初に選択されることが多い薬です。

ニフェジピンはカルシウム拮抗薬という種類に入りますが、作用機序としては血管の壁の細胞にカルシウムが入ることを阻害する作用がある薬で、血管壁が収縮するのを防ぐ働きがあります。
血管は収縮したり拡張したりする機能がありますが、これはカルシウムが関係しており、血管の壁の細胞にカルシウムが吸収されると筋肉が収縮して血管が狭くなります。
ニフェジピンを摂取するとカルシウムが細胞の中に入らないようにするため、血管の収縮が起こらないようになり、結果的に血管を拡張させるという働きが起こります。

血圧を下げるためには血液の量を少なくするなど他にも方法がありますが、アダラートは血管壁の細胞へのカルシウムの吸収を阻害するという作用機序で血管を広げて、血圧が下がるようにします。
このように、直接血管に働きかけるため、他の臓器への影響が少なくてすみ、副作用が起こりにくい作りになっています。

アダラートは世界中の色々な国で使用されており、古くから使用している人もいます。
血糖や尿酸、脂質への影響がないため、元々持病があって使える薬に制限がある場合でもアダラートならば使える可能性が高く、持病のある人にも使用者が多いという特徴があります。

高齢になると、臓器にも老化現象が起き、色々なところが弱くなってきてしまいます。
そうなると、高血圧を起こした時でも使える薬の種類が少なくなり、場合によってはどちらかの薬のみしか使えないということも起こります。
薬を使うことは内科治療の中心的な存在ですが、いくつかの持病を持っている人の場合には飲み合わせまで考慮して併用していかなくてはいけません。

こういった人は高齢者に多く、持病がいくつもある人の場合には高血圧を発症しても、他の病気との兼ね合いを考えなくてはいけませんが、アダラートは併用できることが多いので、そういった人にも愛用者が多くいます。
高血圧治療薬の中でもアダラートはこういった特徴があるので、持病のある高齢者にもよく使われています。

アダラートの服用方法と注意点

アダラートは急激な強い作用をもつ薬ではありませんが、血圧に関係をしている薬なので、場合によっては薬を飲んでから思っている以上に血圧が下がり過ぎると、めまいを起こしたりすることがあります。
そのため、アダラートの服用を開始する時には、まずは少量から始めて体の変化を見ながら量を調整していきます。

アダラートを始めて飲む場合の服用方法は、ニフェジピンとして10~20mgを1日1回の服用から開始します。
最初に心配がある時には10mgから開始すると良いでしょう。
そして、服用後の血圧の変化や体調の変化を見ながら、必要があれば量を増やしてきます。

量は20~40mgまで増やすことができますが、1日に1回40mgの服用で効果が不十分だと判断された時には40mgを1日2回の服用まで増やすことができます。
量を増やす時には、急に効き過ぎることがないように、慎重に増量をするようにしましょう。

また病気の種類によっても服用方法に違いがあり、腎性高血圧の場合には同じように1日1回10~20mgで開始して、必要に応じて1日1回で20~40mgまで増量をしていきます。
アダラートは狭心症など心臓の病気にも用いられますが、心臓の病気に使用される時には40mgを1日1回の服用とします。
最大量は60mgだとされていますが、症状に応じて必要な量が決められます。

アダラートは血圧に作用するので、血圧の状態が不安定になると、体に異常が起こりやすくなります。
使用する時には必ず医師の指示通りに使うようにしましょう。
また服用をする時には噛まずに飲み込むようにして、口の中で錠剤が砕けないようにしましょう。
口の中で噛んでしまうと作用の出方が変わってきて、血圧が不必要に変動をしてしまうことがあります。

アダラートは血圧の薬なので毎日飲み続けることが大切で、飲み忘れはできる限りなくすように気をつけなくてはいけません。
毎日同じように飲んでいると、今日の分を飲んだのかどうかがわからなくなることがあると思いますが、そういった時に飲んだかどうかがわかるような仕組みを作っておくと良いでしょう。
もしも飲み忘れてしまった時には、2回分を一緒に飲むと血圧が下がり過ぎてしまうので、2回分を一緒に飲むことはしないようにして1回分のみを服用します。

アダラートの副作用

バイエル製のアダラートは高血圧治療薬であり、血管を拡張させることで血圧が下がるという作用機序です。
血管を広げることで血液が流れやすくなり、心臓の負担も減らすことができます。
そのため心臓の病気がある人にもよく使われていますが、狭心症もそのひとつです。

狭心症は心臓に栄養を送る血管が詰まりかけている病気で、心臓の負担が大きくなった時に狭心症発作というものを起こします。
これは血管が一時的に詰まってしまって心臓への血流量が著しく低下している状態です。
この状態が長く続くと細胞が死んでしまい、その部位の働きが悪くなってしまいます。
そのため、狭心症発作を予防することがとても大切ですが、それには心臓の負担を和らげなくてはいけません。
そのために使われるのがアダラートで、血管を広げて弱い力で血液を送り出せるようにします。

こういった作用のあるアダラートは安全に使用できて、かつ副作用が少ないという特徴を持っています。
しかし、全く副作用が起こらないということではなく、いくつかの副作用があることが注意点のひとつです。

アダラートの内服で起こる可能性のある副作用には頭痛や顔面紅潮、動悸、浮腫などがあります。
どれも軽度であれば、大きな問題になることはないと思いますが、服用後長く副作用が続く場合には医師に相談をしたほうが良いでしょう。
血管が広がることで、頭への血流が良くなり頭痛や顔面紅潮が起こりやすくなると考えられます。

また心臓への影響としては血管が広がることで、血液が体に広がりやすくなり、その分心臓へ戻る血液の量も多くなります。
その時にきちんと全ての血液が戻ってこないとむくみとなってあらわれますし、血液が体に出やすくなることで心臓へ影響がでると心臓がドキドキとした感じがする動悸の症状が出ることがあります。

それ以外に注意点は妊娠中の人は服用できないということです。
そして重い副作用は滅多に出ることはありませんが、血圧の低下によるめまいやふらつき、皮膚の発疹などがあります。
こういった重い副作用が出た時には、服用を中止して病院を受診して医師の指示に従いましょう。
アダラートにはこのような副作用がありますが、他の薬に比べて副作用が少ないと言われています。
服用方法や用量を守って正しく使用しましょう。