色々な高血圧に効果のある薬はあると思います。その中でも高血圧を発症した際に一番最初に選択されることの多い薬が、厚生労働省が承認したアダラートという治療薬です。アダラートはバイエル社から提供されるカルシウム拮抗薬という種類の薬です。

持たれる多くの薬

高血圧と頻尿の関係性

血圧測定機

高血圧と頻尿はあまり関係が無いように思われますが大きな関係があります。
血圧は一日の中でも常に変動していて朝は低くて活動を始めると次第に上がって昼頃にピークを迎えて寝る前には朝のように下がってきます。

一般に高血圧と思っている人は昼間に測った血圧が高い時に高血圧と判断しますが、朝などにも高血圧の数値を示すことがあります。
低い時の血圧が90以上の場合も高血圧に分類されます。
高血圧の対処法は注射を打ったり薬を飲んだりする降圧剤を使用する方法が多く用いられます。

降圧剤は利尿作用を目的としたもので腎臓の機能と密接に関係することで効果が期待される薬です。
降圧剤の薬には副作用として腎臓のろ過機能を促進するために頻尿になりやすくすることがあります。

高血圧は血管の内壁にかかる血液の圧力のことで、必要以上に水分や塩分などの量が多くなると腎臓のろ過機能が間に合わなくなってしまいます。
年齢に関係なく塩分の多い食べ物や不規則な生活を続けていると糖尿病とも密接な関係を持ってきます。

最近は若い人の糖尿病が増えてきています。
原因は生活習慣と密接な関係があり、睡眠不足や過食のほかに寝る前の飲食が糖尿病のリスクを高めています。
糖尿病が進行すると動脈硬化などで血流が悪くなり高血圧の原因とも密接に関係してきます。

悪い生活習慣から高血圧になった場合には生活習慣を改善するという対処法が効果的です。
糖尿病になると腎臓のろ過機能が十分に働かなくなるためにコレステロールなどが体内に蓄積されることになります。

体内に溜まったコレステロールは血管や内臓などの臓器を圧迫するので膀胱を圧迫している時には頻尿になりやすくなります。
眠っている時には血管などの負担が少なくなりますので高血圧になりにくくなりますが、年齢とは関係なく夜中にトイレに1度でも起きる時は頻尿の初期症状が出ていると考えてください。

睡眠は非常に大事なものですが長く寝ればいいというものではなく睡眠そのものの質が関係しています。
寝不足の対処法は入浴の時に必ず浴槽に浸かって体温を上げてから再び下がるタイミングで寝ることによって少しは改善されます。

高血圧の対処法として必要なのは自分の血圧の推移を把握しておくことが大切です。
目を覚ましてから1時間以内に測ると自分の血圧が正常値かどうかを知ることができます。
日中も時間を決めて測定するようにして寝る前にも測定して朝の血圧と大きく違っていないことを確認してください。

頻尿の対処法ってある?

高血圧で降圧剤を使用している時は注射で3時間、経口薬で6時間効果が続きますので利尿作用がある薬については飲む時間を考えてください。
経口薬は午前中に飲むように処方されているので日中に頻尿になっても気にする必要はありません。

年齢が上がるとともに高血圧の人が増えてくるのは仕方がないことですが、男性では前立腺肥大症が2人に1人の割合で発症するようになり、女性では尿道が短いので尿道周りの筋肉が衰えてきます。
初期症状としてよく聞くのがくしゃみをしただけで尿漏れを経験する女性が年齢とともに増えています。

年齢を重ねると体中の筋肉が衰えてきているのは仕方がないことですが、日頃の食事や生活習慣によっても頻尿を改善する対処法があります。
決まった時間に食事を摂ることと入浴するときに浴槽に浸かって体温を一度上げてから元の体温に下がるタイミングで眠ることで睡眠の質を改善することが大切です。

睡眠の質が良くなると眠りについてから深い睡眠をとることができて夜間頻尿の改善につながります。
年齢には関係なく過活動膀胱や膀胱そのものが固くなって弾力が失われてくると頻尿になり時間に関係なくトイレに行く回数が増えてきます。

高血圧でない人が頻尿の場合にはこのようなことが考えられますので病院で泌尿器科を受診してみて下さい。
尿漏れなどの初期症状が出た時には病院などで早めに診察を受けるのが頻尿の早期解決につながるのです。
なお、腎臓はろ過機能の限られた臓器ですから負担を減らすことで高血圧の予防にもなります。

自宅でも簡単にできる頻尿の予防法があります。
立つ場所があればどこでもできることで、肛門を引き締める筋肉を鍛える対処法です。
誰にも知られることなくどこでもできますので試してみて下さい。